ウォールアート制作で建物のイメージを一新!|ビッグアート

アート看板のヒント

目立つためのツール「アイキャッチャー」

街中にあふれる看板に中から自店の看板に目と止めてもらうには、一際目を引くための仕掛けが必要です。それが「アイキャッチャー」です。効果的な「アイキャッチャー」の使い方を解説します。

目に止まる(目立つ)看板の法則とは

看板は目立つことが重要です。しかしながら、目立とうとして馬鹿でかい看板をつけたり、派手な色の看板をつけたりするとまちの景観条例に触れたり、住民からひんしゅくを買い逆効果になってしまう危険性があります。好感度の高い目立ち方をまとめてみました。

看板は、「シンプル・イズ・ベスト」です。

看板はまず目に止まることが重要です。しかし、目に止まっても、3秒以内に内容が伝わらなければ意味がありません。3秒以内で内容を伝えるには、伝えたい情報を絞り込み、表現も限りなくシンプルである必要があります。

看板の目的を明確にしましょう!

看板は設備ではありません。設備であれば、丈夫で長持ちして安ければいいかも知れません。しかし、看板は広告宣伝ツールであり、集客のための最重要手段です。経費ではなく投資という考え方が必要です。投資であれば投資対効果を追求すべきです。そのためには、看板の目的を明確にする必要があります。

売上アップにつながらない看板はゴミにすぎない。

看板は、3秒広告と言われます。看板が客の目に入ってから3秒以内に行動に移らなかったら通り過ぎてしまいます。その3秒の間に客に関心を持たせ、入ってみたいという欲求を起こさせなければなりません。そのためには様々な仕掛けが必要です。カッコイイだけの看板ではダメなのです。

売れる看板」を考える。

モノが余り、情報が氾濫している現代は、「売れないのが当たり前の時代」です。どんなにいい商品やいいサービスを持っていても、それだけでは売れません。逆にいい商品もいいサービスも持っていないのに売れている店があります。それは集客力の差です。「集客できる看板」と「集客につながらない看板」があります。「集客できる看板」とはどんな要件を備えている必要があるのでしょうか?一緒に考えてみましょう!

看板もホームページも目的は同じ。

看板もホームページも、お店の入口です。ふたつの大きな違いは、ホームページは客が能動的に探して来るのに対し、看板は目に入った中から選ぶ受け身的であることです。いずれの場合も、目に触れられなければ、存在しないのと同じです。看板がついているだけで安心してはいけません。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

アート看板

アート看板

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

Facebook

リンク

PAGETOP

Copyright © 有限会社ビッグアート All Rights Reserved.

ZIUS