施工後のお客様の生の声をご紹介します。

店舗

リメイクショップ Frog(店主)

シンボルのカエルちゃんは私の化身です!

初めての開業、いろいろ戸惑うことも多くリサーチも兼ねて町を散策していた時に、ふと通ったビックアートさんのアトリエが、自分の好きなサイケデリックな色使い、目をひくなんだか怪しげなオブジェに引き寄せられ、気づいたらアトリエに入っていました(笑) テナントの契約は済んでいたので、施工業者さんを決めなくてはいけないタイミングに出会ったビックアートさん。ここなら自分の思いを形にしてくれるだろうと直感的に思い、他の業者さんと比べることもせず決めてしまいました。


お店は古着の販売ですが、特に目玉となるのは30人ほどの作家さんが着られなくなった服を一つひとつ手作りでリメイクした商品です。この作品は命が吹き込まれ、新たに生まれかわったもの。お店のシンボルオブジェとなっているカエルちゃんには「変える」といった意味も含まれていますし、持ち帰る、着替える・・・32個のさまざまなカエルという意味もあります。また、カエルはカナダのインディアンのラッキーシンボルであり、陸と水に住む橋渡しの役割を表し、集まって鳴いているカエルはコミュニケーションの象徴とも言われています。 ほかにも、卵からはたくさんオタマジャクシが還るので繁栄も意味するし、私自身が小さな頃からカエルが大好きで、顔が似ているとも言われていて、オープン当初から、絶対カエルがいい!と思っていました。 打ち合わせ時に、何となく渡したカエルの落書きが、こんなステキな目をひく看板になったので、運ばれて来たときには、これからいよいよオープンするぞ!とワクワクし、初めて開業するドキドキ感が、カエルちゃんのおかげでやる気に変わったなと当時は思いましたね。


オープンしてからは、店舗の外壁には特に古着やリメイク商品の販売を伝えるものがなかったのにも関わらず、カエルちゃんのインパクトに「あのお店なんだろ~」と、一度見たら忘れられないみたいで、たくさんのお客様が興味津々で入って来てくださいました。 ちょっとドヤ顔でウェルカム感もありつつ、「入りなさいよ!」と威圧感があるのも私好みですごく気に入っています。


フロッグは、ただお洋服を販売するというよりも、作家さんの思いのこもった作品のエピソードやストーリーを伝えることで、これが欲しい!と納得してご購入いただけるお店を目指しています。 ですから、コミュニケーションのシンボルであるカエルちゃんに負けないようにお客様といっぱい会話を楽しんで、お店を繁栄させていきたいと思います!

 

「Frog」のホームページははコチラ

美容室「KA・ZA・HA・YA」(店主)

お客様が振り返る看板

ビッグアートの皆さんの楽しそうに仕事をしている姿を、通りがかりの方々が 楽しそうに見ていってくれました。 初めての土地での美容室開業する私にとって、オープン前から最高の宣伝効果でした。
 

その後もお客様には「かわいい」「明るくなった」などと言って頂いています。 一番印象的だったのが、通りがかりの方が振り返ってまで「KA・ZA・HA・YA、今度行ってみよう」 と話しながら看板を読んでくれました。 夜で見えにくかっただろうと思うのですが目に入るとは、すごい!!! 『建物全体が看板なんだよ』と言う奥村社長の言葉を実感できた出来事でした。
 

ビッグアートの皆さんのように人に感動を与え、「楽しく仕事をしていこう」とまわりの方に感じていただけるよう、お店も私も成長していきたいと思います。
 

本当にありがとうございました!

 

「KA・ZA・HA・YA」のホームページははコチラ

 

HULA CAFE(若松店長)

ハイビスカスの看板が「かわいい」って評判です。

まだオープンして間もないけど、看板の力ってスゴイですね。 「看板が可愛いから」「面白そうな店なので」「女性のスタッフが絵を描いたり、看板をつけたりしていたので、ずーっと気になっていたから」というお客様が、来店客の半分以上です。


周囲の看板と比べても、かなりインパクトがあって目立ってます。 看板だけじゃなくて、建物全体にハイビスカスの絵が描いてあるから、どこからでもすぐわかりますよ。


中高年の女性から、若いカップルまで、客層は広いです。 かなり遠くからも来てくれてますし、すでにリピート客もちらほら。


それにしても、あの濃いブルーの建物を見たときはどうなるかと心配しましたけど、かえってブルーでよかったかも知れませんね。 まだまだ外に木を植えたり、店内もハワイムードを演出するディスプレイをしたり、これから少しずつ楽しい店にしていこうと思います。

 

「HULA CAFE」のホームページははコチラ

 

もつ焼き いしん(店主)

セクシーなブタちゃんがうちの看板娘です

入口のブタちゃんが可愛いって、お客さんが頭やお腹によく触ってます。

看板設置前の年と比べ、売上は1.5倍に伸びました。 お客さんは前より若い女性が増えました。 人気メニューは、なんといっても「もつ鍋」です。
 

広告もいっぱい出しましたが、やっぱりブタちゃんの看板の効果が大きいと思います。

 

「もつ焼き いしん」のホームページははコチラ

 

栗原惣菜店(店主)

自分の顔が看板になるなんて!

お客さんや近所からは、看板をみてこんな看板、他にはないよね!とか 似てる!ってよく言われるよ。 よく他県に遊びに行くけど、こんな看板どこにもないもんね。 まだ動物とかはあるけど、自分の顔を看板にすることはないもんね(笑) 時代の流れもあるかもしれないけど、こういう専門店はなかなか商売にしている人が少ないから、 今は名物店としていろんなとこから来てくれるよ。
 

創業が昭和55年だから、もう30年以上続けたことになるのかな。 この看板をつけてから、売上は確実に3割以上は上がったね。 6年以上たった今も常に安定しているし、いまだに新しい客がこの看板で入ってくるよ。
 

特に売れるのはコロッケとメンチカツ。一番混むのは17時頃かな、行列ができるくらいに(嬉しそう)。
 

本当は今後、メニューも増やしたいけど、今せっかく専門店として安定してるから人を増やしたり店を増やす事はしないで、この店を守っていきたいと思ってます。お母さんの作る煮物なんかもおいしいんだけどね。

  • 1