ビッグアートのニュースやホットなお役立ち情報をお届けします。

トピックス

告知ニュース

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

MENU

  • 壁画
  • デザイン塗装
  • オブジェ
  • アート看板
  • 空間演出デザイン

GUIDE

  • 仕事の流れ
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 会社案内

告知ニュース

« Previous
Next »

かすかべファミリー新聞でシャッターアートを一挙紹介!

「日光道中・粕壁宿」景観アートプロジェクトの一環として始ったシャッターアート。
宿場町として栄えた春日部駅東口地区に歴史やの面影を手描きの壁画で再現することで、通りにストーリー性を演出して、「歩いてみたくなる街」を目指す活動です。
昨年(2011年)1月に公園橋の公衆トイレに壁画を描いたのがきっかけで、 旧・日光街道「かすかべ大通り」を中心に26ヶ所に街角絵巻が完成。
いまなお、制作依頼が後を絶たず2月中旬までに30ヶ所に達する勢いです。
地域の商店主たちの地域の特徴を生かしたまちづくりに対する意識も高まり「かすかべ元気印の会」が発足。
新商品・新サービスの開発やもてなし、店の表情づくり等々、活発な活動がはじまり、ようやくまちが変わり始めています。
今回、2012年1月26日付の「かすかべファミリー新聞」のタブロイド判見開きでシャッターアート26件は一挙に紹介。
これがきっかけとなり、市民の皆さんが粕壁宿の歴史めぐりやまち歩きなどでまちに賑わいが戻ることを期待します。

「日光道中・粕壁宿」景観アートプロジェクトは、まだまだ始ったばかり。
これからが本番です。
3年、5年、10年と、街に人があふれるまで活動は続きます。


春日部のシャッターアート
★クリックすると拡大されます。

« Previous
Next »