ビッグアートのオリジナル商品や人気商品をご紹介します。風情のある手書き筆文字を立体にした「立体筆文字」や「浮世絵のシャッターアート(壁画)」など話題づくりにぜひご活用ください。

注目商品

シャッターアート

シャッターアートの可能性が広がる!

 シャッターアートというと、寂れた商店街で昼間閉まっているシャッターに描くのが一般的なイメージ。どちらかというと、ネガティブな存在でした。

 そこで、私たちはシャッターアートの特性をうまく生かして、積極的な活用方法をご提案します。

 そのひとつが、朝晩の注目効果です。昼間は人通りが多い反面、街中では洪水のように情報が目に飛び込んできます。一方、早朝や夜間は、閉まっている店が多く、照明で照らされたもの以外は目に入りません。つまり、昼間に比べて圧倒的に情報量が少ないため、目にとまりやすく、記憶にとどまりやすいというメリットがあります。しかも、文字よりビジュアルの方が情報伝達力が格段に勝っています。また、シャッターアートを夜間ライトアップすれば、効果はてきめんです。

 もうひとつは、街並み景観の統一化やテーマ性のある街のアピールです。地域の歴史や文化、特性などをテーマにして連続的にシャッターアートを展開することで、ストーリー性のある魅力的な街並みが形成されます。シャッターアートを、「景観アート」の一環として見直すことで、無限の可能性が広がります。

 

  シャッターアートに興味のある方はコチラもどうぞ!

    春日部市のシャッターアート 〜まちかど歴史絵巻「日光道中 粕壁宿」

作品例

シャッターアート(壁画)_江戸助
和菓子店 江戸助/シャッターアート(壁画)