感動空間プロデューサーのブログ「空間演出デザイン」

ブログ「空間演出デザイン」

ブログ「空間演出デザイン」

「売れる看板」を考える

前回のおさらい

前回、「看板とホームページは同じ目的であること」と「客の目に触れなければ何にもならないこと」をお話ししました。

「そんな事は誰でも知ってる」と言われそうですが、実際はほとんどの人(企業)ができていないのが現実です。

「知らないでやれていない人」と「知っていてやらない人」は結果は一緒です。

お店(会社)にちゃんと客が来て、売上も利益も思い通りになっている人なら、私の記事をこれ以上読んでいただく必要はありません。

時間がもったいないので、他のことにその時間を向けてください。

「売れないのが当たり前」の時代

物がない時代は、作れば売れる、仕入れれば売れる、いわゆる「売れるのが当たり前」の時代でした。

物が豊富になってくると、売れる物と売れない物が出てきて、上手く行く人と行かない人の差が生じてきます。

そして現代のように物が溢れて余り、無くて困るような物もない環境になると、「売れないのが当たり前」というやっかいな時代です。

ちょっと前までなら、「商品の差」が「売れる売れないの差」になっていました。

しかし、現代は「マーケティング力の差」が「売れる売れないの差」になっています。

以前は、マーケティングというと学者かコンサルタントたちが使う専門用語で、一般の人にとっては縁遠い言葉でした。

集客しない看板は、ただのゴミに過ぎない

看板は、「集客のツール」です。

物が黙っていても売れていた時代なら、看板は付いているだけでよかったのです。

現代のように、物がなかなか売れない時代は、お店が選ばれるように仕組まれた看板でなければなりません。

なのに、看板業界で働いている人は、ほとんどが看板の職人さんに過ぎません。

丈夫な看板、精巧な看板、安価な看板を作るのは得意ですが、「売れる看板」「集客する看板」の専門家ではないのです。

格好いいオシャレな看板が街に溢れて、デザイナーさんたちも活躍していますが、彼らもマーケティングとは遠い人たちばかりです。

広告代理店も、マーケティング用語を捲し立てていますが、様々なメディアを販売する営業マンにすぎず、携帯電話の販売と何ら変わりません。

いずれにしても、先に自分たちの商品ありきで、それを売ることが最終目的だからです。

「売れる看板」「集客する看板」とは、誰に頼めばいいの?

あなたは看板を頼みたい時、まず誰に声をかけますか?

  • 実績のあるコンサルタント
  • 広告代理店
  • デザイン会社
  • 実績のある看板会社
  • 街の看板屋さん

他にもあるかも知れませんが、大体そんなところでしょうか。

これは、どれが正しいとか間違っているという問題ではありません。

あなたの抱えている問題がどの段階にあるか、ということです。

・「実績のあるコンサルタント」と答えた人は、「売れない根本的な原因を明確にしてから戦略を立てる必要がある」と考えている人。

・「広告代理店」と答えた人は、「最新の面白いメディアや広告手法がないか」と考えている人。

・「デザイン会社」と答えた人は、「人目を引く変わったデザインはないか、またはオシャレなかっこいいデザインはないか」と考えている人。

・「実績のある看板屋会社」と答えた人は、「よそで成功した事例を自社でも真似したい」と考えている人。

・「街の看板屋さん」と答えた人は、「看板を新しくしてくれればいい」「安くあげたい」「身近で知っている人に頼みたい」など、どちらかというと看板の効果にあまり期待を持っていない人が多いようです。

今現在繁盛している店にとっては、古くなったからとか飽きたからという程度で、看板の問題はそれほど深刻ではないので、この際話の対象から外しましょう。

売れなくて問題を抱えているのに、看板のあり方を真剣に考えないで、「俺好みのデザインにしてくれ」とか「何のこだわりもないからとにかく安くしてくれ」という人が一番多いのは、残念ですが事実です。

それは、その人が過去に一度も看板の役割や効果について知る機会がなかった、誰も提案してくれなかった、ということかも知れません。

顧客の置かれている現状と困っている課題を把握して、最良の解決法と看板デザインを提案するという立場の職業が今までなかったというのが実態だと思います。

看板の効果について語る人がほとんどいない

広告代理店も看板業もこれまで長年の間、広告や看板の効果について語ることは自分の首を絞めることであり、絶対タブーだったのです。

世の中が複雑になりインターネットで情報が氾濫する現代、「売れる理由」「売れない理由」をじっくりと真剣に考える余裕がなくなり、専門の業者も話をにごして煙に巻く状況が目につきます。

私は、お店の外観イメージづくりが本拠地で、関連して看板の世界にも身を置いていました。

そのため、看板をいつも外から客観的に見てきました。

毎日街を歩くと何千何万の看板がありますが、効果があると思える看板は1割もありません。

  • 誰も目を止めてくれない。
  • 何を伝えたいのかわからない。
  • 文字や画像が多すぎて見る気にならない。

せっかく付けた看板が、読まれる以前で終わっているのが残念です。

そこでこれから看板を基礎から理解していただき、看板を効果的に活用して成功に結びつけていただければと思います。

看板もホームページも目的は同じ。

看板もホームページもお店の入口

看板とホームページは全く同じ役割です。

違うのは、サイバー(インターネット上の仮想空間)かリアル(現実空間)かの違いだけです。

お店の入口であり、お店の顔です。

看板もホームページも、客はそれを見てたった3秒で、自分と関係があるかないかを判断します。

どこにでもあるありきたりな看板やホームページでは、客はすぐ去って行きます。

看板もホームページも、最終目標は、自分のお店(サイト)を選んでくれ、購買(成約)に結びつけることです。

看板とホームページの違い

ただ看板とホームページは、客のアプローチ方法が異なります。

看板の場合は、客は受け身であること。

つまり、自分がいる場所で、目に入ってきた(自分が認識した)看板の中から選ぶしかないのです。

それに対してホームページの場合は、客が企業名やキーワードで能動的に探して来ます。

しかも、たとえ山の奥にある会社でも、世界中から即時にアクセスできます。

そのため、看板とホームページでは対策の仕方が異なってきます。

目に触れられなければ存在しないのと同じ

いずれにしても、まず客の目に触れなければ話になりません。

看板であれば、「目立つ」とか「気になる」仕掛けをして客の目に止まることが第一歩です。

ホームページであれば、キーワード検索で上位表示されるとか、検索連動型広告で自分のサイトに誘導することが第一歩です。

いずれにしても、まず一目でも見てもらわなければ、看板もホームページも存在しないのと同じです。

ウォールアートとは

ウォールアートは、「壁画」ではない

Wall Art(ウォールアート)とは、直訳すると「壁の芸術」です。

一般的には、「壁画」をイメージする人も多いと思います。

「壁画」は、Wall Painting(ウォールペインティング)であり、あくまで「ウォールアート」の一部にすぎません。

「空間演出デザイン」としてのウォールアート

ビッグアートでは、創業当初から「壁画」を絵画の延長とはとらえていませんでした。

当初からめざしたものは、「環境アート」「空間イメージアート」であり、「場の空気感の演出」つまり「空間演出デザイン」です。

壁面をあらゆるアートで装飾して空間イメージを演出し、その場所(空間)の目的やゴールに向けて人の心に働きかけ、人の気分を誘導していくこと。

それが、私の仕事「空間演出デザイン」の真髄です。

ウォールアートの定義

そのために、当初は「壁画」が主体でしたが、「立体造型」や「オブジェ」も活用するようになり、壁の色や質感を表現する「デザイン塗装」や「左官アート」も加わるようになりました。

そして今、ビッグアートのウォールアートには、「ライトアップ(照明)」がかなり重要なファクターになってきました。

まとめて言うと、「ウォールアートとは、壁画、色、質感、立体造型、オブジェ、照明など様々なアートを組み合わせて壁面を装飾・演出する空間演出手法である」ということになります。

ウォールアートを超えて

ビッグアートの展開する空間演出デザインは、あくまでウォールアートが中心ですが、今後は「壁から空間へ」と表現領域が広がり、「音」「匂い」「触覚」や登場人物・動物のパフォーマンスまでも加わっていきそうです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
感動空間プロデューサー 奥村 昇

ビッグアートって、何の会社?

 

ビッグアートは、看板業?壁画業?

有限会社ビッグアートを創業して、23年になります。

まわりの人からは、最初、
「ビッグアートさんは、看板屋さん?それとも、壁画屋さん?」
とよく聞かれます。

ところが、私の仕事や活動を知っている人たちからは、
「奥村さんは、看板屋でも壁画屋でもない。

まったく違う。
空間のイメージが人の心や気分に与える影響を
ここまで追求している人は見たことがない。


でも、それは一度会ったことのある人にはビンビン伝わってくるが、
会ったことのない一般の人は全く知らない。


もっと、いろんなところでドンドン伝えていかなければ、
奥村さんの良さは全く知られないで終わってしまいますよ!」
と何度となくお説教やアドバイスをいただきました。

「ウォールアート」による「感動空間づくり」が使命

過去に多くの壁画会社や造型会社の社長さんとお会いしてお話ししてきましたが、
私のめざしている「ウォールアートによる空間演出や感動空間づくり」に
フォーカスして情熱を燃やしている方はいませんでした。


ならば、自分が先頭を切ってメッセージを発信していかなければならない、
と強く決意しました。

「アート」と「人の心理」と「マーケティング」の融合がゴール

もともと、私のアートとの関わり方が、
既存のこの業界にいる人たちとは違うようです。


私にとって、アートそのものは目的ではありません。


つまり、最初にアートありきではないのです。

アートは、空間イメージの問題を解決するための、
あくまでもツールのひとつです。


私のこの仕事の根底にあるのは、
「マーケティング」と「行動心理学」「気分学」です。


人は、論理的には行動しにくい。


人は、情緒的、感情的な面の影響で行動しやすい。

「感動マーケティング」というコンセプト

私は独立する前、16年間ほどマーケティングの仕事をやりながら、
様々な実験を重ねて、
「感動マーケティング」というコンセプトにたどり着きました。

独立した動機は、
自分の信じる「感動マーケティング」を実践して、
この目で確かめたい、と言うことでした。

「感動マーケティング」へは、いろんなアプローチがあります。
 ・おもてなし
 ・きずなづくり
 ・感動空間づくり
などなど。

その中で、私が選んだのが「感動(ワクワク)空間づくり」です。


人の左脳ではなく、五感で感じる感性が対象です。


世の中で言われる「マーケティング」は論理的なアプローチが主流で、
五感に働きかける感性マーケティングはあいまいでつかみどころがなく、

あまり相手にされてきませんでした。

しかし、「モノ中心の時代」から「心のゆたかさの時代」に突入した現代、
従来のマーケティング発想では成果が出しにくい時代になってきました。


逆に、今までビジネスの世界ではあまり役に立たなかったアートの出番が回ってきたと言えます。

本来の仕事は、「アート制作」ではなく「空間イメージの問題解決」

ビッグアートでは、過去20年余り、壁画やオブジェを制作するだけの仕事が大半でしたが、
「客が来ない」「人通りがない」という依頼者の悩みに
「感動空間づくり」というアプローチで解決してきた案件も数多くあります。


つまり、23年前に創業した時点から、「アート制作会社」ではなく、
「アートを活用した感動空間づくり」(=「感動マーケティング」)に
無意識に向かっていたと言えます。

そして今、まわりの方たちに気づかされ、背中を押されて、
「感動空間づくり」の深掘りに専門領域を特化していきたいと思います。

*********************************

これから、このブログの場を借りて、
私の一生のテーマである
「アート」「空間」「人の心(気分)」「行動」「マーケティング」
という密接な(不思議な)関係について
実践的なお話しをしていきたいと思いますので、お楽しみに!

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
感動空間プロデューサー 奥村 昇