感動空間プロデューサーのブログ「空間演出デザイン」

ブログ「空間演出デザイン」

看板と集客

« Previous
Next »

看板は、シンプル・イズ・ベストです。

看板に求められる2つの要件

看板がきちんと働くためには、次の2つの条件をクリアしなければなりません。

  • 目立つこと。目に止まること。
  • 目的を達成するように設計されていること。

しかも、この2つが一貫していて、整合性がとれていなければなりません。

たとえ目立っても、それがお店の目指す方向と合っていなければ意味がありません。

たとえ目立っても、「何を言いたいのかわからない」ではダメ!

こんな例に思い当たりがありませんか?

誰もが知っているTV-CMなのに、それが何のCMだったのか誰も覚えていないというケース。

CMクリエーターは、「やった−!大ヒットだ」とご満悦かも知れませんが、スポンサーさんは苦笑、というか激怒。

TV-CMは、CMそのものをヒットさせることではなく、商品やサービスを「欲しい」と思わせることです。

看板も同じで、目立つだけでなく、そのお店の伝えたいメッセージが伝わらなければ意味がありません。

目立っただけでは「なーんちゃって看板」で終わってしまいます。

3秒間で伝わる内容にする

伝えたいことを伝わりやすい形でアピールしなければなりません。

しかも、前にも言ったように3秒でその内容を伝えるには、一目で誰もがわかるように作り込む必要があります。

長い文章は、誰も読んでくれません。

1つの看板で、いくつもの事を伝えようとすると、見た人は混乱します。

繰り返しますが、欲張ってたくさんの事を伝えようとすると、効果は激減します。

シンプルでパワーのある看板の構成要素とは

できれば、短いキャッチコピーとそれが一番伝わりやすいビジュアル(絵や写真)だけで構成するのがベストです。

もちろん、店名も記憶に残りやすいロゴマークやキャラクター、ロゴ書体、コーポレートカラーを徹底して使いましょう。

« Previous
Next »